今日のワイン
HOME

ワインとの出会いを大切に・・・色々なコメントペ−ジです

名古屋市緑区のフランス料理店ビ・アバンス
2011年12月28日(水)
シャトー・ディケム  1994  ソーテルヌ


Chateau dYquem  

シャトー・ディケムです。
世界の白ワインの中でもNO.1・2
を争うワイン。貴腐ワインの中では言うまでも
なく世界最高峰!

葡萄1本の木からなんとっ!グラス1杯分
だけしか造られない・・・・

ソムリエのなかでも、この1年で一番印象
に残ったワイン
を挙げよの問いに一番多い
のが、じつはこの
ディケム。ワイン通の飲ん
でみたいワイン
にも必ず上位にあがります

ホワイトクリスマスを飾るに相応しいワイン^^
滑らかで厚い甘味が、身を溶かす
芳香と絶妙な酸味が甘味をさっと消してくれる
そう!この日舞った粉雪のようにふっわ〜
と現れてシッュと消えていく・・・余韻だけを
残して・・・なんとも美しいワインでは
ありませんか!
さすがはI 氏見事な
エンターテイメントです^^


高級な はちみつ香、アプリコットの香りに
長い余韻に幸福感!ディケムだぁ!
全米も感動に涙しましたっ!(笑)
沢山頂きありがとうございました^^

果実味 ★★★★☆
甘味     ★★★★★
酸味   ★★★☆☆
余韻   ★★★★★
色      輝く黄金いろ

2011年12月28日(水)
シャトー・オーバージュ・アヴェロー  1979 ポイヤック

Ch.haut-Bages Averous  Pauillac

シャトーオーバージュアベローです。
32年の時を経てバッセン^^
コルクは半分にちぎれました(^^ゞ
洒落のきく常連さんが
「^^古いのを大げさに
見せるためわざと、
折っただろ(笑)」

そんなギャグにも助けられながら(^^ゞ

M氏のもとへ、以外と想像より遥かに
若い色合い!逆にまいったなぁ・・・感がw
このさい古い色合いを見せてくれたほうが
正直盛り上がるというもんです・・・(^^ゞ

飲みますと、確かにいい熟成!まさに32歳
頃のいい感じに仕上がっています^^
伸び行く余韻、シルキーな果実味
美味いなぁ・・・・・人もワインも途中困難や
歓喜をいくつもへて、いい感じになって
いくのだなぁ
と思いました。
どちらも途中が大変なのだぁっ


果実味 ★★★★☆
酸味   ★★☆☆☆
渋み   ★★★☆☆
余韻   ★★★★☆
色     ややオレンジがかった朱色

2011年12月28日(水)
シャトー・ラランド・ボリー  2008  サンジュリアン

Ch.LaLande-Borie  Saint=Julien

シャトー・ラランド・ボリーです、サンジュリアン
ワイン。

サンジュリアンって名前いいと思いませんか!
響きがいいなぁ・・・おっと横にそれましたw

ボルドーの中でも高品質で名前が通り長熟で
リーズナブルで手に入る
(ポイヤックあたりと比べて)

これがサンジュリアンの特徴です。しかも!
美味い!濃い目や、重いのがお好きな方
には
お勧めです。

さてこのボリー実は、
あのデュクリューボーカイュ
のセカンドワイン
サンジュリアンの中では柔らかなタッチ
噛みしめていく果実味がどんどん膨らむ
フィニッシュに心地いいタンニンが
引き締める
美味しいなぁこれ!
お客様も大喜び^^

もっと買っておけばよかった(^^ゞ

果実味 ★★★★☆
酸味   ★★☆☆☆
渋み   ★★★★☆
余韻   ★★★☆☆
色    黒っぽい赤

2011年12月28日(水)
シャトー・セネジャック  2005  オーメドック

Ch.Senejac Haut-Medoc

シャトー・セネジャックです。オーメドックの
ワインです

いいヴィンテージ、メドックらしい太目で
カチッ
とした骨格。カベルネが効いたいい
ワインです。
渋みと果実味のバランスが
たまらない^^

飲まれた時、男性に支持者が多いのも、
うなずけます


1時間もすれば、厚みが倍くらいなる
印象です
バールやブラッスリーで新聞
を読みながら
タバコをふかせて、
テキーラやコニャック

を飲んでるジャケット姿の男性のイメージ
ですね。
不思議とこうゆうワインを飲んでると
食べながらも
その方が、そんな感じになって
いかれます
ワインとは不思議な力も持って
いるんだな
っと感動^^

果実味  ★★★☆☆
酸味    ★★★☆☆
渋み    ★★★★☆
余韻    ★★☆☆☆
色     黒っぽい赤色

2011年12月28日(水)
シャトー・フォンダルザック 2009  アントル・ド・メール

Chateau Fondarzac  Entre-de-Mers

フォンダルザックです。ボルドーは
アントルドメールのワインです


ほのかな甘味感、すっきりとした酸味。柑橘の香りに
白い花香、アタックから最後まで軽やかに
飲めます^^クリスマスメニューの帆立や
オマール
にもピッタリのワインでした。

クリスマス期間中、アップできませんでしたっ
(^^ゞ まとめて上げさせていただきます。

クリスマスはなぜか昔から、圧倒的に白
ワインがよく出ます。
やはりホワイトクリスマス
のイメージ
なのでしょうか?業界7不思議
の一つ
でもあります^^(大げさ)


果実味  ★★★☆☆
酸味    ★★★☆☆
濃さ     ★★☆☆☆
余韻    ★★☆☆☆
色     濃い目の黄色

2011年12月6日(火)
ラストー トラパデス  2008  

Rasteau Trapadis Reseve

ラストーですローヌの南のワインです。
葡萄はグルナッシュ

アタックはひんやりとした冷涼とした感じ
から、グッグッグと果実味がおしよせる。

引き締まったタンニンが最後に心地いい

すこし寒い洞窟を抜けると、そこには
フルーツの果樹園が待ち構えている
汗もかくほどに暑くなりだした頃
喉が渇きをいやすように・・沢山
フルーツを頬張る、美味しい!心が満たされ
見渡すといつのまにか草原に寝そべって
いた・・・。そんなワインです。

果実味  ★★★☆☆
渋み     ★★★☆☆
濃さ     ★★☆☆☆
余韻      ★★☆☆☆
色     紫がかった濃い赤

2011年11月24日(木)
クロ・ド・ラ・ロッシュ  1986   ルイレミー

CLOS DE LA ROCHE

クロドラロッシュです。

以外とあまり飲む機会の少ないワインです。

前回に飲んだ時より、柔らかくなっていました
もとよりタンニンが豊富でパワフルなワイン
これぐらいの時が一番いいのかも知れません

う〜ん、が・・しかし自分がもっと若い時で
したら
もっとタンニンのある方を選ぶかも・・
今は身体に染みていく感じのピノが一番
マッチするといいますか・・・しかし時には
ドッン!というボルドーも飲みたかったり・・
うっっう終始が付かなくなってきた><

F氏も同意見でした^^ほっ。といいますか
ワインがお好きな方の総意ですよね^^

それぞれの世代、シュチエーション、場所
時にあわせたワインが必ずあるというのが
また、ワインしかりなのですね。
ワインって素晴らしい!

そうそうクロドラロッシュ!
美味しいに決まって
ますよ!

果実味 ★★★☆☆
酸味   ★★☆☆☆
渋み    ★★★☆☆
余韻   ★★★★☆
色    オレンジがかったルビー色

2011年11月24日(木)
ムルソー・ジュヌヴリエール  1989  ジャン・ボワイヨ

Meursault Genevrieres

ムルソーのプルミエクリュです。
1630年創業の老舗ドメーヌ。

シルバーグレイが似合う紳士F氏が
「白の年代物を飲みたい」との事で
おだし致しました


たしか・・・あったよな!?期待と不安を
抱えつつ
倉庫セラーに・・・お待たせする
こと5分。。。

あった!おぉぉよかった^^

熟成したシャルドネの何ともいえない、香り
擬態語で言うと「モアッ」とした感じですか^^

色は濃い黄色、そそぐ間にも香りが変わって
いくのが解かる。そんなに持たないかも・・・
一抹の不安もありますが、F氏のペースなら
全然大丈夫!^^

まとわりつく粘性ナッツ、木の実がほとばしる。
バター感がすばらしく、ムルソーらしさを
引き出して
います。 美味しいなぁ・・・これ!

飲んだあと3秒固まるのはやめてくださ〜い
心臓に悪いですよ(^^ゞ

果実味  ★★★☆☆
酸味     ★★★☆☆
濃さ       ★★★★☆
余韻    ★★★★☆
色     濃い黄色

2011年11月22日(火)
チョークヒル・エステート カベルネソーヴィニョン  2005   ソノマ 

CHALK HILL

チョークヒルのエステートです。
カリフォルニアのワイン、
葡萄はカベルネソーヴィニョン


ナパバレーとともにカリフォルニアにて、
巨星ワイン
を産出している地域です。
もっう!素晴らしいの一言^^スギの木の香
ミント、バニラ、熟した赤いフルーツジャムの
香りがふくよかでパワフル!アルコール
14,5度
からくる厚み、(すぐに酔います)
まさにカリフォルニアのパワーと雄大さを
見せ付けてくれます。アメリカの荒れた大地
中にあるレストランに入ったら、
皆楽しげに賑やかな客席は
よく見ると、
隣のテーブルにはスターロンとシュワちゃん
おまけに、ニコールキッドマンまで^^
そんな逞しく美しいワインです。
うっうまい!

オーパスワンにも匹敵するとみました^^

果実味 ★★★★☆
厚み   ★★★★☆
渋み    ★★★★☆
余韻   ★★★★☆
色    黒々とした赤(カリフォルニアレッド)

2011年11月22日(火)
シャトー・ラグラーブ  2008  ボルドーシュペリュール

Chateau La Grave

シャトー・ラ・グラーブです。

すごく滑らかなワインです。そうですね、
花畑の草原を美しく、静かに、伸びやかに
駆け抜ける駿馬のようです。

ビロードのような滑らかさ、柔らかい
温かみを
感じる果実味。どこまでもどこまでも
伸びる
しなやかさ。上品で華麗・・・ピッタリ
な言葉
かもしれません。

疲れた体や寝る前に飲むといいワインかも

果実味  ★★★★☆
渋み    ★★☆☆☆
酸味    ★★★☆☆
余韻    ★★★☆☆
色     ルビー色

2011年11月18日(金)
コルトン・シャルルマーニュ  1997  ジャンクロード・ベルナール

Corton-Charlemagne

コルトンシャルマーニュです。
ブルゴーニュで白ワインのモンラッシュと
並ぶ二大巨塔白ワインです。

ヌーヴォー企画にご来店、N 氏所有ワイン
ヌーヴォーだけでは、口寂しい・・そんな思いも
あられたのでしょう^^確かにわかります^^

素晴らしい光沢のある麦わら色!いい管理
熟成がなければ、この色は出せない。
色だけみても、N氏のワインへの愛情と
こだわり
が ひしひしと伝わります。
感嘆と感激


当然、お味も素晴らしいの一言!
なぜコルトンシャルマーニュがブルゴーニュ
白ワインのなかで、これだけの評価と賛辞を
もらい称されているのか、飲めばわかります。
上質なハチミツ香、焦がしたトースト、芳醇な
香りの後に綺麗な酸味が、一太刀!コレガ
なかなか出せる技ではないと思います。

実は個人的にすごく思い入れのあるワイン
でして。何十年も前、ある人が「おい、俺の
死に水はワインにしてくれ・・」と頼まれて
選んだのがこのワインなのです。
結局、間に合いませんでしたが、後日皆で
飲みしんみりと走馬灯のように思い出が
めぐり・・・塩けのあるミネラルの効いた美味しい
ワインでした事を思い出しました。
沢山いただき有難うございました。

果実味  ★★★☆☆
酸味    ★★☆☆☆
濃さ      ★★★☆☆
余韻     ★★★★☆
色     輝く麦わら色

2011年11月16日(水)
ボジョレー・ヌーヴォー  2011  カーヴ・ド・ベレール

Beaujolais Nouveau  2011

到着いたしました!今年のヌーヴォー
今年はカーヴ・ド・ベレールをチョイス。
樽ではなくて、瓶にいたしました^^

毎年恒例のヌーヴォー企画!
早々と ご予約も沢山頂いております
感謝感激でございます^^

ヌーヴォー・・・「そんなのぉ・・・」とおしゃる
方もおられるかもしれません。が そうでは
ありませんよ!ワインを携わる方、ワインが
好きな方々には是非とも飲んで欲しいのです!

なぜならば・・・そう!お祭りなのです^^
日本でお正月には、御屠蘇(おとそ)があります
ましてや神社の初詣にはお酒も振舞われます
同じなのです。ワイン大国フランスのワイン
、葡萄、大地に感謝して、健康に今年も
ワインが(お酒が)飲める事を祝して、感謝して
健康でなければ、お酒も飲めません。
で飲み放題なのです・・・・はははっ(冷や汗)

今年も皆様に負けないよう(^^ゞ沢山ご用意
いたしましたので
、おもいっきり楽しんでください

・・・・・・・・お手柔らかに。。。

で、ヌーヴォーはコメントはございませんっ。
皆様が飲んで、感じて頂いたことが全てです。

2011年11月16日(水)
シャトー・ピュイ・カステラ  2006   オーメドック

Chateau Puy CASTERA

シャトー・ピュイ・カステラです。
フランスはボルドーのオーメドックのワインです
ブルジョワクリュです

オーメドックらしいパワフルなワインです。
非常に強い!そんなイメージ、アタックから
すべて
強くたくましい・・・。果実味もあり
ますが、すべてを
くつがえす強さです。
タンニンも豊富で、見事な
までに、現在の
主流のスタイルからは、ま逆に
あります。

しかし、渋く強くというワインがお好きな
お客様も
非常に多いのも現実です。
この1本は期待に
応えてくれると思います^^

個人的には好きなワインです。

果実味  ★★★☆☆
酸味    ★★☆☆☆
渋み    ★★★★★
余韻     ★★★☆☆
色     濃いルビー色

2011年11月2日(水)
ムーラン・ペイ・ラブリー  1986 カノンフロンサック

Ch MOULIN PEY LABRIE

フロンサックのワイン、ムーランペイラボリー
です。
あまり見かけないワインですが^^

得意様M氏が飲まれました、すごく毎回
ワイン
のコメントがお上手なM氏、私も毎回
聞き惚れる
ほどです^^ 今回は私が出かけ
ていてコメントに間に合わず
残念>< 
バッセンしてあるコルクをみて、

ビックリ!そうとう来ているコルク・・・
よく抜いたな
・・・というのが状況をみて
最初の感想でした(^^ゞ


内のソムリエールもすごいなぁ!
と感心しつつ

M氏に「一杯やれっ」といつものごとく頂き
おおぉ〜いいなぁこれ!そうとう熟成が
すすみ
いい雰囲気の俳優・・
そぉですねぇ・・たとえば

寺尾あきら(字がわかりません)
ルビーの指輪を
歌っていた頃は、変な
老けたオジサンだなぁ

と思っていましたが、いい役者さんですよね

ワインと人となり、は似ていますよね、
何年もかけて
形成していく。
人生は経験であり、ワインは熟成。

ともに 人の力を借りながら、天地の恵みを
へて生きていく。ワインの魅力ですね!

M氏はワイン以外にも人としての部分を
よく教えてくれます。

当店のゴットファーザーなのです^^

人と天地に感謝、感激して今日も恵みを
体に入れてまた明日もがんばります!

果実味 ★★★☆☆
酸味   ★★☆☆☆
渋み   ★★★☆☆
余韻   ★★★☆☆
色    オレンジがかったくもった赤

2011年11月2日(水)
ザヴィエル・ルコンテ  2005  シャンパーニュ

XAVIER LECONTE

ヴィンテージ、シャンパーニュです。
シャンパーニュキングM氏がフランスにて
購入されたワインです。初めてみるシャンパーニュ
でして(^^ゞ実際のところ名前もあっているか
どうか微妙なところです><M氏も解からない
そうでして・・・調べたのですが、まったくわかりません

ご夫妻と協議をかさね・・途中ドラゴンズの話で
盛り上がりながら(どちらかと言うと野球メイン)笑
おそらく、日本未輸入で、小地区の生産者という
結論に^^

お味は、熟成感からくる、濃い黄色。
香りも熟成香のややシェリーが入るピノぽさがある・・
木の実も少々。泡は注ぎ中は非常に細やか
で繊細、それほど強くなく終わりが早め。
まるで、シャンパンを飲んでヴィンテージ白に
を飲んでるよう・・・1杯で二度楽しめる^^

貴重な体験とシャンパーニュをありがとうございます^^

果実味  ★★★☆☆
酸味    ★★☆☆☆
泡力    ★★☆☆☆
余韻    ★★★☆☆
色     やや濃い目の黄色

2011年11月2日(水)
ピュリニー・モンラッシュ  2007 シャンソン

PULIGNY-MONTRACHET

ピュリニー・モンラッシェです。
ブルゴーニュのワインです。

ドメーぃヌはシャンソン。最近よく出回って
います
なぜか!?と少し調べたところ・・・
某Aインポーターさんが大量に放出した
のだそうです^^

これはワインに携わる者としては、とっても
ありがたい事です。上質なドメーヌ物ですし
当店も大量に仕入れさせていただきました
^^


白ワインキング M氏が伊勢海老と一緒に
飲まれました

厚みのあるシャルドネ^^バターぽさのある
オイリーさも
あり綺麗な酸がひきしめる。
香りは黄色い花やハチミツ、鼻からくる香り
よりも口にふくんでからの香が、
なんともいえない!
いいワインの証だ!
M氏にクラシックカーを見せていただき
感動!すきなんですよね・・・私も(^^ゞ
古きよきといいますか、味があると
いいますか
カルマンギアが大好きだったり
します。


このワインも古きよき物を感じる優しい
ワイン
でした^^

果実味 ★★★☆☆
酸味   ★★★☆☆
厚み   ★★★★☆
余韻   ★★★★☆
色     やや濃い目の黄色

Wain Top
Home
Home

2011 2012 2013
 1月 3月  1月 2月  1月2月
 5月 6月  3月 4月
 7月 8月  5月 6月
 9月10月  7月 8月
11月12月  9月10月
11月12月
wine
ワインの価格

当店では 通常グラスワイン \800となっております
ソムリエ お任せワインもご用意しております

フルボトル
  
  A・・・\5,000-   B・・・\6,000-
  C・・・\8,000-   D・・・\10,000-

ハ−フボトル
 
  
  E・・・\3,800-  F・・・\5,200-

もちろん ワインリストからも お選びいただけます
ヴィンテージ物など、各種ご用意

お得な情報!

通常ソムリエはフルボトルをグラス8杯取りいたします
(他店でも)

そうです!ご人数によっては A か Bのお任せワインが
お得なのです!!