今日のワイン
HOME

ワインとの出会いを大切に・・・色々なコメントペ−ジです

名古屋市緑区のフランス料理店ビ・アバンス
2011年8月30日(火)
シノン  2008 クロ・ゴドー

CHINON  CLOS GODEAUX

シノンです。ドメーヌはクロゴドー
マイナーなドメイヌではありますが、ロワール
沿いのワインです。葡萄は、カベルネ・フラン


ドライフィグの、ほのかな香り・・華やかさは無いが
若い苺の果実味、フランの特徴でもあります
埃っぽさも品よく感じられます。

以外と透明感のあるルビー色 飲んでいくと
日も落ちて暗くなり、周りに街頭が灯る・・・
そんな、やんわりとした暖かなワインでした

シノン好きが多いのもわかる気がいたします。
美味しいワインです

果実味  ★★★☆☆

酸味     ★★☆☆☆
渋み     ★★☆☆☆
余韻    ★★☆☆☆
色     薄めのルビー色


2011年8月21日(日)
トカイ・アスズ 3プットニュス   2002  ハンガリー

TOKAJI ASUZU 

トカイワインです。
世界3大貴腐ワインの一つです

確か・・ルイ何世かが、ハンガリーから送られた
このワインを呑んだ時、「これは王のワインだぁ!」
と叫んだそうです。

甘口で程良いまったり感、柑橘系の皮など
実はフォアグラにぴったりなのです^^
バッセンしても、数日持ちますし
いいワインなのです。
料理とワインのマリアージュが一番わかりやすい
組み合わせ(ソーテルヌでも)かもしれません。

I 氏がフォアグラに合わせて、グラスで飲まれました
オーブリオンに続く・・・・


果実味  ★★★☆☆
甘さ     ★★★★★
酸味    ★☆☆☆☆
余韻    ★★★★☆
色     濃い黄色

2011年8月21日(日)
シャトー・オーブリオン  1968   グラーブ

Chateau HAUT BRION

オーブリオンです。
世界が誇る、5大シャトーの一角を担うワイン

I 氏が飲まれました。お電話にてメインの
素材をお伝えして、「今日はオーブリオンを
開けましょう」ということに。おお〜〜!!と
高鳴る気持ちと心臓を押さえつつ、大慌てで
セラー
のオーブリオンをそっと、丁寧に時間を
かけて
ゆっくりと立たせます。寝ている
赤ちゃんを大事に抱く
ようです^^

いざ当日、もうプレゼントを開ける子供の心境です
ゆっくりと バッセン・・このコルクはリコルク
されていない!すごいなぁ・・・当然のごとく割れ
ましたが、なんとかすべて抜ける。
おお〜〜コノ香り!南を向いていても「きた〜」
と^^ I 氏とご相談し、まずは定石通り、デキャンタ
無しで、細口のグラスで。

素晴らしい輝き!!ルビーがこぼれ落ちていく
すごいですね!43年たったワインがこの
輝きをみせるのか!80年後半までの
オーブリオン
でしたら、黒ぐろとした色合いで
しっかりとした
味わいなのですが、これは・・

そうですね・・・
ガツガツ
した日々を過ぎ、周りに語りつつ、
優しさもありながら
尊厳もある、大人な男性。

私もいろいろ、コメントを用意していたのですが
・・・言葉が出なくなりました、ただ同じ年代の
ワインに

「負けてるな・・・」

美味いのは通り越して、これだけ思い思わせて
くれるワイン。素晴らしい!

ソムリエにとって、飲んだことの無いワイン、
古いヴィンテージを開ける時が最高に至福
の時であり、緊張と感動の時間であります。
有難うございました^^

たまたま休みでありました、女性ソムリエが
実は大のオーブリオン好きでして (^^ゞ
次の日に、私が朝から謝り続けたのは言うまでも
ありません><

果実味  ★★★★☆
酸味    ★★★☆☆
渋み     ★★☆☆☆
余韻    ★★★★☆
色         レンガ色がかっている輝きのあるルビー

2011年8月21日(日)
ブルゴーニュ・ルージュ  2008  グロ・フレール

Bourgogne Rouge Gros Frere

ブルゴーニュ・ルージュです。
銘家、グロファミリーが造り出すワイン

08からか、まだ若干若い・・・しかしながら
香りはかなりの、いい感じにでてきている
なめし皮、苺、ヌルゴーニ・ルージュ自体は
早飲みように造られているので、もう充分か
と思いつつ、私的にはあと1年欲しいところ

それでも、跳ね回る果実味と綺麗な酸とのバランス
が、グロの力をみせつける。
もっとグロの上級を飲んでみたい!そう
誘う・・・・参ったな><戦略にまんまと・・
ワインの恐ろしいところですね^^
K氏が、「なで方」を ご注文されてお出し
しました。K氏のギャグが面白くて^^
こそっと、メモして使わしていただいてますよ〜

果実味  ★★★★☆
酸味    ★★★☆☆
渋み    ★★★☆☆
余韻    ★★★☆☆
色      いきいきとした、ルビー

2011年8月21日(日)
サンテム  2001 サンテミリオン

SAINTAYME  

サンテムです。ボルドーはサンテミリオンの
ワインです。

右岸らしい、果実味が豊富でなめらか 柔らかな
ワインです。スモーキさもある ほどよい酸が
全体を引き締めます。はっ!と思うと2001でも
もう10年も経っているのですね・・・・
う〜ん、つい この間の感が・・・
私が小学生の頃など

1年が 長が〜く感じたものですが (^^ゞ

いやまてよ!現在のお子様達はどうなんだろう?
習い事や、勉強に日々忙しいように見えますし、
全てがデジタル化した時代ですから・・・

カン蹴り 虫取り 縄遊びしているお子様を
見かけませんし・・どちらがいいのか?なんて
答えは、判りませんが それぞれの時代に
いい思い出があれば良いなぁと^^

ワインには年数が表示されています。
美味しいワインだな〜と思って、ふと年数を見て
OO年かぁ・・こんなことが あったよなぁ〜
と語れる飲み物でもあります いいですね
ワインは!!

果実味 ★★★☆☆
酸味   ★★☆☆☆
渋み   ★★★☆☆
余韻   ★★☆☆☆
色    ルビー色

2011年8月16日(火)
パスカール トソ  2007 アルゼンチン

PASCUL TOSO

トソです。
アルゼンチン、メンドーサ・マイプ地区に1890年
に創立されたワイナリーです。
アルゼンチンでは歴史あるワイナリーが
作り出すスーパーワイン 葡萄はカベルネソーヴィニョン

力強いボリームにまず圧倒される・・・シナモンや
黒胡椒、熟したプラム。妖艶なワインに魅了される
アルゼンチンのサッカー選手で世界的スーパースター
「メッシ」のよう・・・華麗にまい熱くひたすらに
ゴールに向かう、ひとたびボールを持てば
けっして、彼の足元からボールが離れない
そんなワインです。

東京からお帰りになったA様ご一家が
飲まれました^^お土産も沢山いただき、
いつも有難うございます。
ご家族の愛が優しさが、あたたかな,お食事会でした。

果実味 ★★★★☆
酸味   ★★☆☆☆
渋み   ★★★☆☆
余韻   ★★★★☆
色    黒々とした濃い赤

2011年8月16日(火)
ブシャール ブルゴーニュ・ブラン  2008  ハーフ




BouChard Bougogne La vignee

ブシャールが造るブルゴーニュブランです。
アワビの企画時に、O氏がお飲みになりました
実は、その前にソーヴィニヨンブラン系のフルボトル
を飲まれていたのですが、アワビの頃には空><
いつもの、感じですが^^ で、ハーフを1本。

軽やかな果実味と柑橘系の皮の香り、酸味はやや
強め、で鉱物系のミネラル。
ブシャールはシャルドネの名手だな〜と思います
いわゆる、外れが無いですね^^

今回も黒鮑企画、大盛況に終わりました^^
皆様に感謝と心からのお礼をもうしあげます。

果実味  ★★☆☆☆
酸味    ★★★★☆
ボリーム ★★☆☆☆
余韻    ★★☆☆☆
色     薄い黄色
2011年8月16日(火)
シャトー・デュ・バレイユ キュベクラシック 2009 ボルドー

Ch, DU BARAIL

シャトー・バレイユ です。

ジロンド川左岸のワインです 白ワインキング
M 氏がご来店、ナント!!徳重付近から歩いて
お越しいただいたそうで・・・(汗)
この日は日中も猛暑日、36℃も越すトロケそうな
日。来店するなり、「み・・・水〜〜〜!」あはは^^
「キンキンの白ワインを・・ぐださぃ・・」
道中も「白ワイン、白ワイン」と言いながら、坂を登って
こられたそうです^^。

こういう時にはこれ!!そう!ソービニョン・ブラン
ワインに昔からきまっとる・・・(どこかで聞いた(^^ゞ)

お味は、心地のいい、酸とミネラル感。花の香りに
包まれ、程よい厚みとボリューム 汗をかいた後は、
シャルドネの酸より、こちらの方が
体に優しく染み渡ります。

シャルドネをサウナの後の水風呂と
ビールに例えるなら。
ソーヴィニョンブランは、ヒンヤリ冷えたタオルを

太陽の下、額にそっと乗せる感じですね 

果実味 ★★★☆☆
酸味   ★★☆☆☆
こく    ★★★☆☆
余韻   ★★★☆☆
色    やや緑がかった黄色


2011年8月10日(水)
サントーバン  ラ・プランセ  2008  ユベール・ラミー

SAINT-AUBIN  La Princee  Hubert-Lamy

サントーバンです。
造り手はユベール・ラミー コート・ドボーヌ地区
の南に位置し、シャサーニュ・モンラッシュと
ムルソー、ピュリニーモンラッシュなどの
隣に位置します。

なかなか、なじみの少ない名前ですが 場所も
良いところですし、隠れた名品があります。

当店白ワインキング、M氏が飲まれました
結婚記念日ということで、ご結婚された年号を
お伺いいたしたところ・・・「ん・・・oo年?・・oo年?
」・・・・・・お二人とも定かでないご様子・・

ちょっと、こちらが拍子抜けw記念ヴンテージを
出そうとハッスルしてたのですが・・気合がからまわり
こうなったら美味しい物でと!なかばやけくそ気味に
一同大爆笑^^
M様ご夫妻の、明るさに、こちらも元気になります

鉱物のミネラル、品のいいボリームと切れ
どこか・・・高山にのぼり、山草花を見渡し
心地いい風をうけている気分にさせてくれる
ワインです。

お二人の爽やかさとあたたかさにピッタリ
のワインです。お二人に乾杯〜

果実味  ★★★☆☆
酸味    ★★★☆☆
濃さ      ★★★☆☆
余韻    ★★★☆☆
色     薄い黄色

2011年8月10日(水)
シャトー・バタイィ  2006 ポイヤック

Chateau Batailley   Pauillac

シャトー・バタイィ です。
ボルドーはポイヤックのワインです。

「重めのワインが飲みたい」とのお客さまに
香りも芳醇でふくよか、杉のほのかな香りと
合い混じり、熟したブラックベリー

アタックからフィニッシュまで、ボリュームに
あっとうされ、心地のいいタンニンが引き締める

男性お二人のワインでしたが・・・まさに気を熟した
ダンディズムと1本筋が通った男の渋み
のわかるワインです。
トミーリー・ジョーンズまではいきませんが・・
!!そっう!ジョージクルーニーですね!これは^^
美味しい!ワインです。現在飲み頃です

果実味 ★★★☆☆
濃さ    ★★★★☆
渋み   ★★★☆☆
余韻   ★★★☆☆
色    黒味がかった濃い赤

2011年8月7日(日)
N 氏主催 黒鮑とワイン会コラボ

シャンパン含めワイン5本と黒鮑メニュー

緑区でも有数のワイン愛好家N氏が主催
されますワイン会、お集まりのメンバー様
も美女ばかり、今回は浴衣姿の方もいらっしゃって

まさに、なでしこジャパンの様相!華麗に舞う
(強き!?)女性陣。華やかです!
今の日本、本当に女性が角界でも素晴らしい
活躍ですね!いっそ政界も女性にまかせて
みてはと思うほど・・・・

ワインは今回もN氏とTさんがチョイス、
料理にあわせていただいてる感が、すごく
嬉しく、感動と感激でした。
どれも、見事な状態で美味しいワインでした。
幸せな時間をありがとうございました。
最後は地元ドラゴンズの話題で大盛り上がり
でした!ドラゴンズの選手〜もっとファイトを見せて
くださいよ〜ワインのように、真っ赤に燃えてちょ

ラインナッップ

NV ドラピエ・ブリュット
06 プイィ・フィッセ・アリアス ダニエルバロー
04 デ・ラ・トゥール
96 ボーヌ M、ゴーヌ
97 Ch..コス・デス・トゥネル

華麗さ  壮大で聡明^^
美しさ   無限^^
強さ!? 果てしない・・・(笑)
余韻    ほんのりと
色    なでしこJapan 表彰台のゴ−ルド吹雪!

2011年8月6日(土)
セルヴォー 2004  シャンパーニュ

SERVEAUX FILS GRAND VINTAGE 2004

セルヴォー ヴィンテージ シャンパーニュです。
創業1954年ですから、50周年を記念して
造られたシャンパーニュ。ゴールドのラベルが
実に美しく、見事です。

当店随一のシャンパンの飲み手、M氏がフランス
の友人にたのんで、先日渡仏のさいに購入された
品です。

RMであるがゆえ、実に丁寧にしかも実直に作られて
いるな〜と感じます。繊細でキメの細やかな泡、
ゴールドに輝く液体は宝石を散りばめたよう

限りなく立ち上る泡に見とれてしまう。

開けた瞬間に花の香りが・・・舌にはじける
泡が心地いい・・・・桃の香りに、軽いスパイス
フィニッシュに木の実が!初めての感覚でした
美味しい・・・・さすがM氏です^^ごちそうさまでした。

RM・・・レコルタン・マニプラン 自家葡萄栽培と製造販売まで行います


果実味  ★★★☆☆
酸味    ★★★☆☆
こく     ★★★★☆
泡力    ★★★☆☆
色     輝く黄色、ゴールド

2011年8月5日(金)
ヴァルポムポ  2009 ブリューノ ドゥシエンヌ

VallPompo Bruno Dochene

ヴァルポムポです。
フランスは南の最果て、ルーション地区
コリウールのワインです。日本では非常に
珍しいワインです。葡萄はグルナッシュブラン

先日、老舗フランス料理店Mさんのソムリエ
T氏がオーナーと来店、T氏がフランスワイン視察
の際、見つけたワインということで飲ませていただきました

まとわりつくような粘性、桃や白い花の香り・・
海に近いせいか、海塩ぽっいミネラルも・・・
写真を見せていただいたのですが、海に面した
斜面に間隔をやや多めにとった畑でした。
なるほど!昼間は海からの照り返しもうけ、
熟した葡萄になるはず!厚みの要素がわかります

しかし、よくこんな所まで行ったな〜っと
正直思いました(笑)

名古屋の若きワイン界のスターになりうる
人は違うなと・・・(ただの変わり者かも)
海風にあたりすぎたのか!?髪が左に
そよいでました^^(大爆笑)
しかし美味しいワインをありがとうございました。
ん・・・・!?お土産っ〜??!

果実味 ★★★☆☆
酸味   ★★☆☆☆
厚み   ★★★★☆
余韻   ★★★☆☆
色    やや濃い目の黄色

2011年8月2日(火)
オーコートドニュイ 2007  ミッシェル・グロ

HautesCotesDeNuits  MichelGros

オーコートドニュイです。
造り手は ブルゴーニュの名手ミッシェル・グロ
グロファミリーの旗手です

いつもは濃い目がお好きな、Y氏が「今日は
暑いし、なで肩で頼むよ」 と、そうですよね・・
と思い。

グロが出陣!まだ07’ではと思い
デキャンタージュしました。テイスティング
して頂く・・・「いいね〜」 思わずこちらもニコリ
嬉しい瞬間です。

まだまだ若干固さはありますが・・そこがクール
さと渋みをもち、蒸し暑い夜には、よく合います
しかしながら、染み入る旨みとミネラル感は
さすがに、グロ!夏の夜空に「たまや〜」と
美しい花火があがりました・・・・・

果実味 ★★★☆☆
酸味   ★★★☆☆
濃さ   ★★☆☆☆
余韻   ★★★☆☆
色    濃い目のルビー

2011年8月2日(火)
サント・コロンブ 2004  カスティヨン

Saint Colombe

サントコロンブです。
ボルドーは右岸のサンテミリオンの右隣
コートドカスティヨンにあります

メルロー主体のワインです、この地域は
今注目の土地でもあります・・プピーユなど
いいワインが産出され、シンデレラワインの宝庫
です。プピーユの印象を持ちながら、飲んだせいか
イメージと違い、以外と軽め


果実味よりも、飲みやすさに、重きを置いた
感じに ハーブ系や、柑橘の皮なども香り
グッとくるよりも、明るく楽しむワインです

果実味 ★★☆☆☆
酸味   ★★★☆☆
濃さ   ★★☆☆☆
余韻   ★☆☆☆☆
色    やや黒めの赤色

2011年8月2日(火)
コノ・スル 2010 チリ

Cono Sur  Chile

コノスルです。
葡萄は、ゲヴェルツトラミネールです

ライチと白桃の香り、南国の花の香りや
香辛料も見えてきます。
口当たりが、思い描いたよりも、はるかに
ボリュームがあり、粘性がある。

甘い香りに誘われて・・・ついていくと、以外と
クールでした。
コノスルのワインは、いろいろありますが、
これが、一番好きです。

果実味 ★★★☆☆
酸味   ★☆☆☆☆
厚み   ★★★★☆
余韻   ★★★☆☆
色    やや濃い目の黄色

2011年7月26日(火)
バタール・モンラッシュ 1992 ル・デュモン

Batard Montrachet  Lou Dumont

バタールモンラッシュ です。
日本人醸造家が現地で作り出すワインです

バッセンごすぐに、花白い花の香り・・ハチミツの
香、焦がした飴の香りが飛び出した・・・
舌にのるやいなや、絡みつくボリュウムとキレのある
穏やかな酸味が、リッチにまとめてくれる。

I 氏がアワビ企画で飲まれました。本当に美味しいな・・・
少し時間をおくと、みるみる芳香がましてザラメを
炊いた香り、ハチミツ畑の香りが後をひきます
この、どこか懐かしい感じが、日本の醸造家が
造っている証拠なのかも知れません。
遠い祖国を思いながら・・造っていたのかも
いいワインでした!久しぶりにバタールを
飲ませていただきました。有難うございます。
楽しい時間でした^^ここからサヴィリレとGエシェゾー
に続きます、酔いました^^

果実味  ★★★★☆
酸味    ★★★☆☆
濃さ    ★★★☆☆
余韻    ★★★★☆
色     トパーズを通りこしてべっ甲色

2011年7月26日(火)
サヴィニレボーヌ レ・ブルジョ 2002 シモン・ビズ 

Savigny-Les-Beaune Les bourgeots

サヴィニレボーヌです。
造り手は、シモンビズ。サヴィニレの中でも
1番の造り手だと思います。

プルミエクリュのレ・ブルジョ。以前、96も飲みましたが
さすがに、その時よりは、若い感が否めません
が・・・綺麗で聡明なミネラルと少し恥らいながら
の果実味は、流石にシモンビズです。
見事な表現力!お客様に77のグランエシェゾー
と飲み比べして頂いたのですが

02サヴィニレは、上戸彩さん。77グランエショェゾーは
吉永小百合さんと言うコメントを頂きました。
素晴らしい表現力!だと思いました!
うんうん〜とうなってしまいました。
今度使わせていただきます。

果実味 ★★★☆☆
酸味   ★★★☆☆
濃さ   ★★☆☆☆
余韻   ★★★☆☆
色    やや黒めの赤色

2011年7月26日(火)
ファウナス  2008  シチリア

Faunus  Nero D Avola

ファウナスです。
イタリアはシチリアのワインです。

色から見るままの、肉厚でジュシーな
ワインです

プラムの完熟を噛み潰した 甘味、そう
ジャム!燦々と太陽の恵みをうけて育つ
葡萄は、飲み手に「どうだ!少し休んで
楽しく飲んでいけよ!」・・・・と語りかける

シチリアの海を見ながら、リゾート地でゆっくり
笑いながら飲むワインだと思いました

そうですね・・・白シャツに、パナマ帽子はかかせません
あとは、生ハムにコアントローをかけて・・
隠し味は潮風ですね!

果実味  ★★★★☆
濃さ    ★★★★☆
渋み    ★★★☆☆
余韻    ★★☆☆☆
色     濃いガーネット

2011年7月18日(月)
ルジウス  2006  JMヴォワイヨ

Les Rogues  J,M Bouillot

ルジウスです。
ブルゴーニュの名手、J.Mヴォワイヨが造る
Vie de Pey Doc です。葡萄はシラー80%
カリニャン20%です

果実味が豊富、ベリージャムやプラム スパイスが効いていて
飲み疲れをやわらげる。ノンフィルターなのか?
ザラっとした雑味が残るが、気にならない。

鴨や仔羊にあいそうです。ほどよくこなれていて
今が飲み頃感があります、パーワー飲みが
お好きな方に、お勧めです

果実味  ★★★☆☆
酸味    ★★☆☆☆
厚み    ★★★★☆
余韻    ★★★☆☆
色     紫がかったガーネット

2011年7月18日(月)
アミラルド・ベイシュヴァル  2008   サンジュリアン

AMIRAL BEYCHEVELLE

アミラルド・ベイシヴァルです。
サンジュリアンの有名シャトー ベイシヴァルの
セカンドワインです。

サンジュリアンらしい、杉の香りの混じった、プラム系
の香り、渋みと果実味のバランスがなんとも言えません
セカンドとはいえ、この出来、ベイシュバルが高い評価
を長年得ているのが分かります。

ラベルに帆船の絵がありますが、確か・・・
かつてこのシャトーに居住していた海軍提督
エペルノン提督に敬意を表するため、ジロンド川を航行
する船はこの前を通る時、皆 帆を下げたそうです。
なんだか・・いい話だなぁ
歴史あるシャトーは物語もありますね

果実味  ★★★☆☆
酸味    ★★★☆☆
厚み    ★★★★☆
余韻    ★★★☆☆
色     黒っぽい紫がかった赤色

2011年7月18日(月)
レイダ  2009  Chille

LEYDA 

レイダです。チリのワイン、葡萄はリースリング

チリ、アルゼンチンといった新世界ワインも現在
たいへん素晴らしいワインが造られております

これもリースリング種で、切れ味に加え厚みの
ある、どちらかといえば高級リースリングワインの
出来栄えです。

芳香はどこか、干草の混じる草原の香り、酸味との
バランスが
長けています。ミネラル感もあり料理
にも
合います。これだけ世の中が暑いと、こういう
ワインが飲みたくなりますね。

果実味  ★★☆☆☆
酸味    ★★★★☆
厚み    ★★★☆☆
余韻    ★★☆☆☆
色     薄い黄色

2011年7月9日(土)
ナーリヘッド・オールドヴァイン 2009  カリフォルニア

Gnarly head OLD VINE ZIN

ナーリーヘッドです。カリフォルニアのジンファンデル
種のワインです

甘く赤いフルーツジャム、バニラ香も少し
黒胡椒やオレンジピール 女性には喜ばれそうな
ワインです。邪道ですが・・シャンパンと割っても
いいかもと思います。もしくは、オレンジとレモン
スライスを沢山切って、ガラスのボールにいれ
このワインと氷を思いっきり入れます・・ん!?
サングリアでないですか!そうだった!
しかし、その方が美味しいとおもいます。

余談ですが・・・ルビーやガーネットってよく書かれて
いますが
色ってどうなの?という、ご質問を、お客様から
よくいただきます、たいがい男性ばかりですが・・
言葉では表しにくいので、画像で色を見ていただいた
ほうが早いかとおもい、載せてみました

上から ルビー まさにピノノワール色
2段目が ガーネット  ルビーに比べると 比較的
黒さがまして
透明感もへりますね、カベルネ系など
3段目がトパーズ べっ甲色、麦わら色とも
味覚糖イロイロという、飴がありましたよね、
個人的に
そうよんでいます(笑)

果実味  ★★★★☆
酸味    ★★☆☆☆
渋み    ★★☆☆☆
濃さ    ★★☆☆☆
色     濃いガーネット色

2011年7月9日(土)
デコ  2009  トスカーナ

Leoporldo I Di Toscana D' ECHO

デコです。トスカーナのワイン
以前こちらにも、載せましたワインのカベルネ
バージョンです

前回はシラーでして、あまりにも美味しかったので
カベルネも期待大で 仕入れてみました・・が・・

う〜ん期待が大きすぎたせいか、はたまた
昼の間外壁の壁を、熱中症寸前に・・ペンキ塗り
をしていたせいなのか(笑)

前回ほどの旨みが感じられませんでした・・・
体調にもよるかと思いますが、M 氏はなかなかイイと
言っていただけたので、私の体調管理のせいです><
皆様も、くれぐれも熱中症には、お気をつけください

果実味  ★★★☆☆
酸味    ★★☆☆☆
渋み       ★★★☆☆
濃さ        ★★★☆☆
色     黒いベリー系のガーネット

2011年7月8日(金)
ウッド ヘーブン 2009  カリフォルニア

Wood Haven 

ウッド・ヘーブンです。

カリフォルニアのワインです、葡萄は
ジンファンデル カリフォルニア独自の
品種
です

リッチなアロマ・・・妖艶さも、プラムやブラック
ベリーを噛み潰した果実味がいっぱい!

胡椒や甘草も・・・それでも、これだけの果実味
を醸し出すと、重くなりがちですが But どこか
涼澪で 飲み疲れない。昼と夜の寒冷から
そうなるのか、バランス良く仕上がっています

エレガントで、そうですね ハリウッドの
レッド・カーペットを華麗に舞い歩く、豪華
女優陣達のようです
美味しいワインです

果実味  ★★★★☆
濃さ    ★★★☆☆
酸味    ★★★☆☆
余韻    ★★★★☆
色     艶やかなルビー色

2011年7月1日(金)
グラン・エシェゾー  1977  パトリ・アッシュ

Grand-Echezeaux

グラン・エシェゾーです。

1977年のエシェゾー 2.3年程前に
蔵出しを買いためておきました。

久しぶりに開けましたが、状態がすこぶる
良い状態です。素晴らしい!
体に染みいる・・・・上質なピノ

柔らかく包み込まれる感じ、何度も迫り来る
余韻と繊細な果実味。蔵出しがゆえに
ストレスも少ないせいでしょう・・・・
通常30年以上もたつブルゴーニュは
開けたとたんに、シボンで行くものですが
まだまだ元気いっぱい!
ビンテージ ブルゴーニュを楽しむには押すすめ
の1本です。

バースデー 年のワインに J氏が
満面の笑みと、Rose色の頬がこのワイン
を語ってくれました。

果実味  ★★★☆☆
酸味    ★★☆☆☆
余韻    ★★★★☆
濃さ     ★★☆☆☆
色     オレンジ薄い赤色

Home

Wine Top
wain Top
ワインの価格

当店では 通常グラスワイン \800となっております
ソムリエ お任せワインもご用意しております

フルボトル
  
  A・・・\5,000-   B・・・\6,000-
  C・・・\8,000-   D・・・\10,000-

ハ−フボトル
 
  
  E・・・\3,800-  F・・・\5,200-

もちろん ワインリストからも お選びいただけます
ヴィンテージ物など、各種ご用意

お得な情報!

通常ソムリエはフルボトルをグラス8杯取りいたします
(他店でも)

そうです!ご人数によっては A か Bのお任せワインが
お得なのです!!

Wine Top
2011 2012 2013
 1月 3月  1月 2月  1月2月
 5月 6月  3月 4月
 7月 8月  5月 6月
 9月10月  7月 8月
11月12月  9月10月
11月12月