今日のワイン
HOME

ワインとの出会いを大切に・・・色々なコメントペ−ジです

2011年10月29日(土)
レオヴィル・ラスカーズ  1975  サンジュリアン

Ch.Leoville Las Cases

シャトー・レオヴィルラスカーズ です。
サンジュリアンのワインです

サンジュリアンのワインは、若いうちは全般に
とにかく濃く深い渋い^^

しかしながら、それゆえ長期熟成にも耐える
いいワインなのです。以外にもポイヤックなど
と比べても価格も、安定かつ低価格
(でも高い(^^ゞ)


この特徴をいかした飲み方が・・・
これだっ!123かっ


サンジュリアンの同じ銘柄のワインを3本
10年間隔でご用意して飲み比べます
ワインの熟成がもっとも解かる飲み方だと
思います。

この75もシットリとしながらも雄大で剛。
ワインの偉大さを感じ、それまでの時を
8ミリフィルムで思い返すような懐かしさと
いとおしさ・・を感じます。
Y氏が誕生年に^^ 時がとまったようでした^^

果実味 ★★★☆☆
酸味   ★★☆☆☆
渋み   ★★★☆☆
余韻    ★★★★☆
色    オレンジがかかった、朱色

2011年10月29日(土)
シャトー・クレールミロン 2001 ポイヤック

Chateau CLERC MILON

クレールミロンです、ポイヤックのワインです。
ムートンと同じ、バロンフィリップが所有する
ワインです


さすがは!名門です^^とにかく美味しい!
ムートンは高すぎて・・・それでも味わいたい方
にお勧めです。このワインとダルマイヤックは
見事にその片鱗を見せてくれます。

二つのワインが示すバロンフィリップ・ロスチャイルド
の思いといいますか、立ち位置が
よくわかりませんが・・・

クレールミロンとダルマイヤック(二つ必要なのか?)
そこもミステリアスかつ
興味のある所です。

オーパスワン、ムートン、クレールミロン、
ダルマイヤック
は、大きく分けて、
本当に似ている^^野田総理と上島竜平!?

もちろん中身も性格も違いますが(笑)

ワインらしいワインです!

果実味 ★★★★☆
渋み   ★★★☆☆
余韻   ★★★☆☆
酸味    ★★☆☆☆
色    黒々とした深い赤

2011年10月19日(水)
シャトーグリエ 2005  ローヌ

CHATEAU GRILLET

シャトーグリエです、ローヌ地方のワインです。
葡萄はヴィオニエです

ローヌの北部にある、小さな産地にあります
小さくて有名なのか小さいが故有名なのか^^
しかし、滅多に目にすることがないワインの
一つ
でもあります。よく聞くけど、飲んだこと
無い
というワイン(^^ゞ

N 氏がお選びになりました、次のジュブレと
一緒に^^なんと同時リリースで楽しみたいとの
ことです
おお〜面白いなぁ〜と!!
ワインをこんな風
に楽しんでいただけると
^^もう嬉しい限りです。

お見事です!

ヴィオニエぽっさはあまり感じられないですが
厚みと酸味のバランスとやや控えめな芳香
Nにどちらが伊勢に合いますかと、お尋ね
したところ、即座に「ジュブレのほうですね」と
私もまったくおなじ意見です^^
よくよく考えると、ローヌの白って、あまり
飲む機会がないですよね・・・・
沢山いただきありがとうございました^^

果実味 ★★★☆☆
酸味   ★★★☆☆
厚み   ★★☆☆☆
余韻   ★★☆☆☆
色    やや黄色

2011年10月19日(水)
ジュヴレシャンベルタン・ラヴォー・サンジャック 1988 ルネ・ルクレーク

GEVEREYCHAMBERTIN 1er LAVAUX ST-JACQUX

ジュヴレシャンベルタン・1er 
ラヴォーサンジャックです
プルミエ・クリュです。

プルミエクリュの中でもあまり知られていない
ワインです。私も始めて見ました
、おそらくモノポール
だと思います。

伊勢海老にあわせて緑区イタリアワインの帝王
N 氏がお選びになりました(ブルネッロは100本
所有とか!)通常海老に赤はタブーなのですが
このワインは実に、柔らかく酸味と柔和な
甘味と旨みが溶け合うワインでして、実際
目を閉じて飲めば、白ワインと間違うくらい。
そうです!上質な厚みのあるシャルドネクラス
(ピュリニーなどと)これなら当然マッチです!

さすがだな〜と感嘆のため息とあまりの
美味しさに目がウキウキでした^^
脱帽です!

果実味 ★★★★☆
酸味   ★★★☆☆
渋み   ★☆☆☆☆
余韻   ★★★☆☆
色    オレンジがかったルビー色

2011年10月14日(金)
モレサンドニ 1er ラリオット 1994 トップノメルム

MOREY SAINT DENIES 1er LA RIOTTE

モレサンドニです。
フランスはブルゴーニュ
のワイン。

コートドール地区にあり、ジュヴレシャンベルタン
とシャンポール・ミュジィニー村に挟まれて
います。
ボンヌマール、クロド・タールなどが
有名です

トップノメルムはこの村界隈の名手です。

最初感じる香りが特徴で、苔むしたかおり
ひっそりと静かな森・・・ゆっくりと、その先に
光が見え花畑や泉が見えます
噛み潰す苺、主張しすぎない花達、しかし
どこまでもメインは下草なのです^^
大地と野花の背丈の間を飲み干していく
ワインのような気がいたします。
飲みながら一つの種が、ゆっくりと芽ぶいて
ゆく、光にのびて真っ直ぐに、ジブリの映画
のワンシーンを思い浮かべました^^

美味しいワインです。

果実味 ★★★☆☆
酸味   ★★★☆☆
渋み   ★★☆☆☆
余韻   ★★★☆☆
色    輝くオレンジがかったルビー

2011年10月14日(金)
ヴィラマーニャ トレビアーノ マグナムボトル 2009 アブルッゾ

VILLA MAGNA 

ヴィラマーニャです。イタリアはアブルッゾの
ワイン
です。

イタリアの地図ブーツの形で言いますと、
ひざ裏あたりの地方です。アドリア海に面して
います
葡萄はトレッビアーノ、イタリア白ワイン
の代表です


塩っぽいミネラルを感じます アドリア海が
影響
しているのでしょう^^ 青りんごに白桃
のブーケ、
すっきりしていて飲み口も軽やか
爽やかな風を
感じとれます 
ご予約の9名様ご一行の
ホスト様が、
お客様がイタリアワインがお好みです

とのことで、急遽予定を変更して、セラーから
探して来ました。
こんなのいつ仕入れたのだろう
と思いながら(^^ゞ

程よい厚みもありながら、爽やかですので
あっという間になくなりました^^
チョッとビックリ


9名様ほどのご人数ですと、イタリア
ワインから
始まるのもいいなぁ・・・と
おだししながら
思いました、会話がはずみ、
明るい
出だしになります^^ 
流石は陽気なイタリア
だなぁ・・・と 
お国がらがでるな〜とつくずく

また勉強です。

果実味 ★★★☆☆
酸味   ★★★☆☆
濃さ    ★★☆☆☆
余韻   ★★☆☆☆
色    やや青みがかった黄色

2011年10月12日(水)
バルバレスコ  2007  カルディローラ

BARBARESCO 

バルバレスコです イタリアの王道ワインです。

香りに華やかさはなく、インクのような香り
静かな香り、輝くルビー色どこまでも艶やか
バルバレスコの特徴でもあります

無花果やクロスグリ、赤いフルーツの果実味
が香りとは予想に反して、でてきます。

若さゆえ、まだ成熟していない今一生懸命
がんばって
いる若い男性が見えてきます。

5年も経つとまた素晴らしいお味が出て
くるとおもいます。

果実味 ★★★★☆
酸味   ★☆☆☆☆
渋み   ★★★☆☆
余韻   ★★☆☆☆
色    ルビー色

2011年10月8日(土)
シャトー・マルゴー  1979   マルゴー

CHATEAU MARGAUX  1979

シャトー・マルゴーです。
かの 5大シャトーのワインです。

久しぶりにビンテージ物のマルゴーを
開けさせて
頂きました^^ 今宵日本でワインが
何万本
開けられていようとも、
79のマルゴーが開けられたのは

おそらく、今宵このひと時だけでしょう
その名誉とワインの誇りにかけて、緊張と
興奮の
高まりを抑えつつ、バッセンに
挑みます。


ご依頼は かの I 氏、おつれ様の記念
ビンテージ
ゆっくりと回す・・・
コルクの状態が見事に

完璧!リコルクは無し、抜いた瞬間香りが
立ち上る!この一瞬はソムリエだけに
ゆるされた
香りなのだ。何年もの月日を
へて、開けられたとき
にみせる、
ナントもいえない表情が、幸せの

序曲の鐘をならしてくれる。
素晴らしいワインだけに持ち合わせる
ウインク
とも言うべきでしょうか!

見事なお味!5大シャトーのなかでも
女王と
賞賛されるにふさわしい
風格と品。
どこまでも、しなやかに、
品がよくそして毅然
,私はエリザベス女王を
ふと思い出しました
マルゴーとは、一言で
かたり尽くせるワイン
では、とてもありませんが
とにかく素晴らしい


I 氏 いわく、「別格ですね」・・・I 氏もですよ
と思いつつ^^深く感じるワインでした。
また沢山いただき、有難うございました。
幸せなひと時でした^^

果実味 ★★★★☆
渋み   ★★★☆☆
余韻   ★★★★☆
濃さ   ★★☆☆☆
色    輝くルビー色

2011年10月8日(土)
シャトーカヤック 2005 グラーブ

Chateau CALLAC

シャトー・カヤック、ボルドーはグラーブの
ワインです。

岐阜県は大垣市よりお越しの皆様にお出し
いたしました。なんと大型観光バスでお越し
いただきました^^ 駐車場は入れるかな・・・
と若干心配いたしましたが、難なく入れました
あと1台は入れそうでした^^うちの駐車場も
広いのだなぁと変なところで感心したりして(^^ゞ

遠いところお越し頂いた、Oご一行様には
心から
感謝申しあげます。

さてワインのお味ですが、心地いい
タンニンが食欲を刺激
してメルロー
からくる、果実味としっとり感
がなんとも
いえない優雅さを会食にマッチする

いいワインです!「サミットに出されても
各国首脳は
文句の付け所がない」と
言われるようなワインです


宴も盛り上がること間違いございません

果実味  ★★★★☆
渋み    ★★★☆☆
濃さ    ★★★☆☆
余韻    ★★★☆☆
色     深みのある赤

2011年10月4日(火)
大○○株式会社 秋の試飲会  95 アイテム






大○○株式会社 様の試飲会に行って
きました


全 95アイテム。2000年から2010年までの
リストアップ

フランス、イタリア、スペイン、ドイツ、
カリフォルニア
で シャンパンから白、赤、
貴腐まで
,いやぁ〜飲みました><
最後は赤ら顔でへらへらしてたと思います。

レストランの主力となる価格帯が多く、
ビックネームなワインはありませんでしたが
中でも印象に残ったワインを
書き記しておきます^^

スペインのアウストゥム2009。スペインの
ティント・ティオニオ2005。

シャトー・オ・ラグランジュ2008。
シャトーオステンピカンブランCM2009。

G・シャンベルタン2009ダルデュイ。
ボーヌ・クシュア2006

ピエール・ラペ。バローロロッケ2001。
以上が印象に残ったワインでした。

あれだけ並べられると、なかなかバランスといいますか
順番にも左右されやすいと思いますので的確
には難しいですが・・・はぁっと思ったり
葡萄の再確認でしたり、いろいろ勉強になります

しかし沢山来てらっしゃいました、これは
大変だなぁ・・と思いつつ何本くらい
開けるのかなぁ
と心配しながら、うちも
もうすぐヌーボーだし><

と冷や汗がたらり・・・・(笑)


雰囲気 皆さん真剣^^
余韻  フラフラ
果実味 男性7女性3
色    ゴッホッ皆真っ赤

2011年9月30日(金)
パシュラン・ド・ヴィックビル 2005 シュド・ウエスト

Pacherenc du Vic Bilh

パシュランです。シュドウエスト地方のピレネー地区
のワインです

葡萄はグロマンサン、プティマンサンという、特殊
な葡萄を使ったワインです

白の甘口ワインです、フォアグラにもよく合い
ますし、伊勢海老や帆立のソテーなど、
ソーテルヌはちょっと、お高いという方にお勧め
の甘口の白

粘着質の甘さなのですが、酸味が絶妙のバランス
で効いて いて以外に飲みやすい

パイナップル香にハチミツ 微量の苦味が絶妙に
効いている。飲まれた方は、まず美味しいと
おっしゃいます^^

実の所、白の甘口!と ご注文のお客様が以外と
多いのが現場の意見ですが、その声に反して
フランスの白の甘口ワインの少ないこと><
お高いものばかりです・・・><
そんな時、このワインが大活躍です^^
クオリティー、パフォーマンスともに高くアルザス
と ともに助けて頂いております。
私も実はこれ好きなんです。チョコなんかとも
絶妙ですよ〜


果実味  ★★★☆☆
酸味    ★★☆☆☆
甘さ     ★★★★★
余韻    ★★☆☆☆
色     麦わら色

2011年9月22日(木)
シャトー・ラルドー  2009  ベルジュラック

CHATEAU LARUDEAU  BERGERAC

シャトー・ラルドーです。
フランスは南西地方のベルジュラックの
ワインです。

色素の濃い赤色、インク系の香り・・華やかな
香りにはほど遠いが、艶のある濃い赤色に、
吸い込まれそうになる。

噛み潰すタンニンと果実味のバランスが心地いい
外は大雨で、気温も低く これぐらいのパワー
のあるワインが調度 体に染み渡る

そろそろ、パワーと濃くのあるワインが
欲しくなる季節ですね^^

フランスには台風が無くてよかった。
しかし・・・今回の大雨には、ビックリでしたね

近くの「扇川、天白川が決壊のおそれ」と
聞いた時には驚きました。
当店も、何度もテラスを水かきすることに><
自然の猛威、恐ろしさに・・ただ自戒の念
をいだくばかりでした。

果実味  ★★★☆☆
濃さ     ★★★★☆
渋み    ★★★☆☆
余韻    ★★★☆☆
色     黒っぽい赤色

2011年9月18日(日)
オーコト・ド・ニュイ 2007  シャンソン

HAUTES-COTES DE NUITS CHANSON

オーコートドニュイです、ドメイヌはシャンソン
です。ブルゴーニュのワイン

歴史ある、ドメーヌ シャンソン。堅実で忠実
果実味タップリに、活き活きとしたミネラル。

最初の香りが少し気になるが・・・・
綺麗な酸と骨格のバランスに長けている
2世紀に渡って造ってきた物には、自信と
誇りが感じられます。

どれだけの歴史の移り変わりを見てきたのでしょう
それでも・・年に1回しか作られない事を思うと
やはり、ワインって希少であり神秘さが増します
天の恵みと、大地の力と、人の知恵と努力に
感謝して!^^今日もワインをいただきます。

果実味 ★★★☆☆
酸味   ★★★☆☆
濃さ    ★★★☆☆
余韻   ★★★☆☆
色     活き活きとしたルビー色

2011年9月18日(日)
シャトーホンデュース 2002 ラングドック

Chateau Fondouce 

シャトーホンデュースです。ラングドックのワインです

フランスは最南端ほどの地域、沢山のシャトーが
あります。

黒々とした深い赤いろ・・・ブラックホールの
ような世界の奥には、ドッシリとした タンニンも
多い屈強なワインが待ち構えてます。

ザラザラとした舌触り、噛み潰す果実味 まるで
ワイン造りとは、こんなに大変で苦しいものなんだ
と語りかけてくるようです。ダイナミックと言うべき
ワイン大地に汗水流して出来上がったワイン
には、ただ ひたすら感謝と尊敬の意を表します

こういうワインってファンが多いんですよね!

果実味  ★★★★☆
渋み    ★★★★★
酸味    ★★☆☆☆
濃さ     ★★★☆☆
色      黒々とした赤色

2011年9月13日(火)
シノン ラ・グラヴィエール 2009 コールダスデュイ

Chinon  Les Gravieres

シノンです、ロワールのワインです。
葡萄はカベルネフラン

ヌーボーを思わせる、フレッシュ感のある
若々しい果実味の香り・・・少し埃っぽさも
混じる。いきいきとしながら、せつなさを見せる

シノンは固有の世界観があると思います、
どのワインにも属さない価値観といいますか・・

好きな人は好きなワインだとおもいます。
シノンにしては、とっても綺麗な色で、あどけなさ
が残る美味しいワインでした

果実味  ★★★☆☆
酸味    ★★★☆☆
濃さ     ★★☆☆☆
余韻    ★☆☆☆☆
色     薄いルビー色

2011年9月2日(金)
デジレ・ニュイタージュ 2009 マルク・ペノ

La Desiree Nuitage 

デジレ・ニュイタージュです。
なんのこっちゃ!?ってなります・・・
実は、親身にしていただいてます、フランス料理店
のT氏がお持ちになったワイン。


「これ、ミュスカデです」と彼一言。な〜んだ
思いつつ・・・飲ませていただく・・・・
おっ!えっ!
おお〜美味い!ホンとに、ミュスカデ?
と聞き
なおしたほどでした^^ 座布団3枚!


参ったな〜>< 彼は人を驚かせるのが、好き
ようで・・・(先代そっくり・・・)

こちらはやられた感と,やるな〜といつも思います
(笑)


そういえば、この間は、台風まだなのに・西風20m
の風を
髪に受けてましたね!あはは(爆笑)
とまぁ・・かすかな反撃もしたし。あっさり負けを認め
たしかに、美味しいワインでした


いよいよ本番ですが、頑張ってください〜
先代がきっと助けてくれます^^

果実味  ★★★☆☆
酸味    ★★☆☆☆
厚み    ★★★★☆
余韻    ★★★☆☆
色     濃い黄色

 

2011年9月2日(金)
シャトーフォントネル  2003 フロンサック

Chateau Fontenil

フォントネルです。ボルドーはフロンサックのワイン
です。
ドルドーニュ川右岸、ポムロールの隣に
位置
します。メルロー主体です

程よく熟成を迎えて、成熟感満載です、果実味の
濃さ、ボリューム感は見事です。
飲み手が万全でないと・・飲み負けしそうなくらい
あっとうされる勢いのあるワインです

黒々としていて・・・妖艶でかつ、キリッとした
眼差しでじっと・・・見られます
どことなく、黒木メイサですかね・・・(^^ゞ

今の季節には、少ししんどい面もありますが、
冬場に
は感動の拍手の嵐が吹くことでしょう^^
おっと!大型の台風もきていますね><
メニューが飛びました・・・><

皆様も対策は万全に^^

果実味  ★★★★☆
渋み    ★★★☆☆
濃さ        ★★★★☆
余韻    ★★★★☆
色     黒々とした深い赤

Home
Home


Home
2011 2012 2013
 1月 3月  1月 2月  1月2月
 5月 6月  3月 4月
 7月 8月  5月 6月
 9月10月  7月 8月
11月12月  9月10月
11月12月
ワインの価格

当店では 通常グラスワイン \800となっております
ソムリエ お任せワインもご用意しております

フルボトル
  
  A・・・\5,000-   B・・・\6,000-
  C・・・\8,000-   D・・・\10,000-

ハ−フボトル
 
  
  E・・・\3,800-  F・・・\5,200-

もちろん ワインリストからも お選びいただけます
ヴィンテージ物など、各種ご用意

お得な情報!

通常ソムリエはフルボトルをグラス8杯取りいたします
(他店でも)

そうです!ご人数によっては A か Bのお任せワインが
お得なのです!!
名古屋市緑区のフランス料理店ビ・アバンス