キャンティ1960CAPPELLI

Chanti Classico Cappelli 1960

でました60のキャンテイ

5日前からセラー内で立てて保存

入念な打ち合わせと保管の元

大事に大切にその日を静かに待ちました^^

このワインの噂をかぎつけたソムリエ仲間や東京のソムリエまで話題が沸騰しました

「抜けたかどうか教えて」「コルクはどうよ?」とか「生きてるかな」

「飲んだら教えてチョ」はは

他人事だとおもって、抜く側のその日までの補完体制の緊張や

抜栓時のいろいろなシュミレートミーティングなど、どこ吹く風で

みな同業者は興味深々なのです

さすがに60年代は抜く機会が少ないですし、貴重なデータ引き出しとなり

ソムリエどうしの共有の財産にもなりえるのです!

私は当日は忙しく厨房にかかりっきりで、ご挨拶の時に

「おそらく、80%はコルク破損しますからその時は落とさせていただき

デキャンタージュさせていただきます」Nさまも快くしょうだくしていただき

ソムリエールに任せました。

なんと!

見事に完璧に破損、欠損なく抜栓!

すごいな!リコルクないし、すごっ

普通できんよ!わたしなら折っていたなとおもいながら(笑)

飲ませていただいた!

うわ~~

美味いし、まだまだ元気だ!それでもおそらく1時間あたりが限度かな

57年の月日がNさまのなかでよみがえるのでしょう

素晴らしいワインと歴史なのです^^

コツコツと毎日を実直にかさね、57年簡単ではなかったはず・・・

苦しみにもまれる毎日だったかもしれません

それでも、奥様とNさまの重ねられた何十年はこのルビー色に輝く

ワインと一緒で 深みのある艶やかな、何とも言えない味をだされるのだと

からだに染み入るワインのように、しんみりと心に入っていきました。

素晴らしい人生とワイン!

言葉はいらないと思います、Nさまお誕生日おめでとうございます^^

果実味 ★★★★☆

渋み  ★★★☆☆

濃さ  ★★★☆☆

余韻  ★★★★☆

色   薄目の艶のあるルビー

Comments are closed.